2016年07月13日

近々嬉しいニュースをお届けできそうです。

こんにちは。蒼井紬希です。

暑い夏がやってくる!我が家ではすでに枝豆やとうもろこしやスイカやぶどうなどなど旬のものをいただいてます! 今年は猛暑というニュースを見てえーっと思いました。暑さには弱いので涼しいところにずっといたいです。でも急に外に出ると熱中症になるから、慣らしておかないとダメなんですよねー。

ところで、蒼井名義で出していただいた「あやかし恋古書店 〜僕はきみに何度でもめぐり逢う〜」についてなのですが、近々、うれしいニュースをお届けできそうです!

本の発行に関わってくださっている皆様、応援してくださっている皆様、本を実際に読んでくださった皆様、そしてご感想などをくださった皆々様、ありがとうございます。引き続き応援していただけると嬉しいです。

さて、今日は思いだしたことがあったので、それをブログに書きたいと思います。

なんで小説を書こうと思ったの?小説家を目指そうと思ったの?
ということを聞かれるのでちょっとだけお話します。

もう20年以上前になりますが、河北新報社さんで詩を投稿するコーナーがあったのですが(今はどうなんでしょう?)私がまだ小学生(5〜6年生)の頃にこっそり応募したことがあって、それが掲載されたことがあったんです。

(今江思えば、当時大事に大事に切り取っておいたのに、あのときの記事……! とっておきたかった。両親も知らないんじゃなかったかな? 穴が開いてる新聞を見て、あれ?と思ったかもしれないけど。笑)

その当時、詩とか絵本を書くのが好きで、夏休みの課題に絵本を作ったり、国語の時間(詩を発表するコーナー:カラフル色えんぴつをテーマ)先生に褒められて嬉しかったり、という経緯がありました。

その「嬉しい」「楽しい」「共感してもらえる」というキラキラした感情がずっと胸に残っていて、自分はいつか絵本を書いたり本を書いたりしたいな〜と漠然と思っていたのです。

しかし学生時代を経て、社会人になって、その間は「好き」という気持ちはあるものの、本格的に職業にしようという気持ちはなかったんですよね。趣味ならいいぐらいで。そこから時が巡って、親のもとから離れて結婚して、こどもが生まれて、また漠然と「子どものための絵本」書きたいなー「自分で小説書きたいな」と思いはじめたわけなのです。

そのルーツをたどると、きっと新聞に掲載してもらったり、先生に褒められたりしなければ、今の私はいないんじゃないかなーと思います。よくよく考えたら、小さな頃に母がたくさん絵本を読み聞かせてくれて、その内容が今も思いだせるぐらい私にとっては大切な思い出なので、きっとそこからもきているのでしょうね。

つい我が子には色々鬼母のように叱ることがありますが、やっぱり「褒める」「嬉しい」「楽しい」って大事なんだと思いました。

しかし、文筆業をはじめてから、褒められることって……なかなかないんですよー
ダメ出しに撃沈したり、自分の語彙力の少なさにへこんだり、〆切に追われて胃がいたくなったり、そのほか、いろいろ大変なこともあります。自分の書きたいものと求められるものの差異などもあります。こんな端くれのわたしでもスランプのようなものに陥ったことがあります。

でも、その中で自分がどう表現して描いていくか、どういう物語をつくりたいか、コントロールできるようになってきたんじゃないかなとこの頃思うようになりました。きっと過去を振り返って、初心に戻ったからなのかな?

これからも山あり谷ありかとは思うのですが、形式を拘らずにいろいろな物語を紡いでいきたいと思っています。それが誰かの心に少しでもいい影響を与えてくれるのなら、それ以上にうれしいことはありません。

懐かしい話をしてしまいました。
恥ずかしくなったら急に消すかもしれません。笑

それではまたお知らせが発表できるころにブログを更新したいと思います。
posted by 蒼井紬希 at 11:28| Comment(0) |

2016年06月14日

「あやかし恋古書店 〜僕はきみに何度でもめぐり逢う〜 」へのご感想ありがとうございます。

こんにちは。蒼井紬希です。
「あやかし恋古書店〜僕はきみに何度でもめぐり逢う〜」をお手にとってくださった皆さん、ありがとうございます。ご感想を目にしたり、直接いただいたりする機会がぽつぽつと増え、とても嬉しく思っております。これから読みます〜という皆さんもありがとうございます。

オフィシャルホームページ「君に捧げる言の花」はこちら→http://tsumugi.mimoza.jp/ メールフォームからのご感想も拝見しております。

発売翌週あたりから、店頭で品切れだったり、通販サイトでも品切れが目立っていたりしたのですが、少しずつ入荷が増えているようなので、ぜひお手にとってみてください。もしお近くの書店さんに入荷がない場合は店頭でもご予約を承っておりますが、よろしければ参考までに対応サイトを掲載しておきますので、ご利用くださいませ。

◇公式直販はこちら
◇ネット通販はこちら
e-honamazon7net楽天ブックス紀伊国屋honto
Tsutayahonyaclubブックサービス・・・等々。

サイン本も四十冊書かせていただいております!それからサイン色紙も置かせていただいています。最寄りにお住まいの皆さま、お目にかかる機会がございましたらよろしくお願いします。

◇サイン色紙:書泉ブックタワー様(東京)をはじめ、全国各地の書店様→平和書店(アル・プラザ香里園店)様、アミーゴ書店(洛北店)様、ブックファースト(青葉台店)様、今井書店(出雲店)様、星野書店(近鉄パッセ店)様、精文館書店(おゆみ野店)様、TSUTAYA(伊万里店)様、TSUTAYA(枚方駅前本店)様、未来屋書店(上田店)様、明林堂書店(日出店)様……色紙を置いていただき、ありがとうございます! 

また、帯にコメントを下さった書店員の皆さま、ありがとうございました。

shoei2_500.jpg ayakashi_pop.jpg

新刊コーナー、一般文庫コーナー(出版社別)、キャラクター文庫コーナーなどに置いてあることが多いようです。少しでもたくさんの方にお手にとっていただけますように。そして、少しでも多くの方の心に届く物語でありますように。

<日々徒然>
さくらんぼ狩り&薔薇園の散策にいってきました。とっても美味しかったです!それから最近好きな花はネモフィラ。ひたち海浜公園にいってみたいです。

e1.jpg d1.jpg
b1.jpg f1.jpg
posted by 蒼井紬希 at 08:35| Comment(0) |

2016年06月01日

本日6/1発売日「あやかし恋古書店 〜僕はきみに何度でもめぐり逢う〜」こぼれ話とおすすめポイントを少々

「あやかし恋古書店 〜僕はきみに何度でもめぐり逢う〜」本日無事に発売日を迎えました。全国書店およびネット通販などでも各地で発売中です。ぜひお手にとっていただけますように。

本のポイントはサブタイトルにあります「何度でもめぐり逢う」というところでしょうか。

誰かが誰かを大切に想う気持ちは、気付いている部分と気付かない部分がありますよね。そして、ずっと一緒にいられない時間かもしれないけれど、「一瞬」が「永遠」として残ったり、逆に「永遠」の気持ちが「一瞬」にぎゅっと詰まっていたり。

主人公の紗月は、店主(?)と出会ってかけがえのない時間を過ごします。そして、あやかしたちとの出会いによって開かれる「本」とのつながりによって記憶の紐を解き……。

その中にはたいせつな想いがありました。

でも、全部を思いだせるときがやっときたのに「タイムリミット」は近づいていました。そしてまた、消えていくかもしれない記憶、大切な人。そこに残された想いは……。

こぼれ話。帯で隠れているところに妖狐の白銀がいます!妖狐と狛犬が登場するのですが、両者お気に入りのあやかしたちです。彼らの目線でも読んでもらえるといいなと思います。

それから、不思議なことを言うおばあちゃん、猫又のおばあちゃん、蛍のあやかしの少女、などなど彼らの想い。そしてカラスバト、とても綺麗な鳥です。検索してみてくださいね!

本著を読んでいただけましたら、できましたら「一度」じゃなく、「もう一度」読んでみてくださいませ。
できましたら「何度も何度でも」読んでみてください。主人公の視点で一度、彼の視点でもう一度、あやかしたちの視点でさらにもう一度……。違った風景が見えてくるかもしれません。

古書店や神社を舞台に、不思議な縁で繋がった、切なく、あたたかく、やさしく、泣きたくなる恋愛小説。
皆々さまよろしくお願いします! ☆、。・:*:・゚`★.。・:*:・☆、。・:*:・゚`★.。・:*:・

shoei2_500.jpg shoei1_500.jpg

先日、ジュンク堂新潟店にお邪魔してきました。帯にコメントを書いてくださった書店員のH様、お忙しいところありがとうございました!サインも書かせていただきました。

jyunkudo_n1.jpg sine1.jpg

posted by 蒼井紬希 at 09:56| Comment(2) |